2017年10月27日 (金)

思い出タイル製作 (^_-)-☆

10月は秋晴れという定説を覆し、雨ばかりが続いていますね。sprinkle
お天気が良ければ紅葉狩りmapleにでも行きたい気分…ですが。
皆様、体調を崩されていませんか。happy02

いよいよ、10/27(金)本日(仮称)蘆花恒春園内保育施設が平成30年4月1日開園upとして
公表されました。heart04
皆様の応援goodとお力添えpunchでここまでたどり着くことができました。本当にありがとうございます。happy01
工事関係者に皆さんも毎日頑張っていただいています。
保育園の新園スタッフも日常の保育や業務の合間を縫って、会議や備品選定など準備を進めています。みんな役割をもって前を向いて進んでいるな~と実感します。up
感謝ですね。note

さて、新しい保育園は「つながるsign05」をコンセプトに運営していくことが決まっていますが、
法人内に今ある保育園の子どもたちとこれから開園する保育園の子どもたちが「つながる」意味で、新園の玄関アプローチに既存園の子どもたちが製作した「タイル」を「思い出タイル」として埋め込むことにしました。

Photo

そして、10/20~10/27の期間でさくらの木保育園で8つ、用賀なのはな保育園で10こ子どもたちと政策を楽しみました。note

Photo_2


みんなで一つのタイルをおしゃべりしながら・・・notesとても楽しかったようです。

Image2

そして出来上がったのは・・・こんな素敵な「思い出タイル」です。
18個のデザインがあり、新しい保育園のクラスの名前budやお部屋や廊下、階段の名前になっていたりします。clover

Photo_4


そして新園準備は続く・・・。(^_-)-☆

2017年9月27日 (水)

岩手大野村に行ってきました!

9月も終わりに近づいてきました。秋が少しずつ深まってきていますね。maple
気が早いかもしれませんが、今年もあと3ヵ月・・・本当に早いです。
工事も一応順調に進んでいますが、新園の準備は工事だけではなく、保育運営に関わる準備も着実に進めなくてはなりません。upnote
保育で使う備品、給食で使う備品等の選定もその一つ。

実はこれまで視察させていただいた保育園でcherry給食にまつわる素敵な取り組みを見つけました。私たちの法人でも「食」breadは保育の中で重要な位置をしめると考え、食器や食材、食べる環境などにこだわってきましたが、視察した保育園ではいろいろな意味を持ちながら岩手の大野村にある大野木工の木製食器を使っていたのです。
私たちはそこに魅せられ、新しい保育園でもこの木製食器を使いたいと考えました。
そこで・・・・実際に自分たちで工房を訪ね、職人さんと触れ合い、作っているところを見て体験してから注文しようということになりました。
9/23~24新園スタッフ有志で岩手県の大野村へ・・・。bullettrain

Image1_2


大野キャンパスと言われるここは牧場、木工工房、ガラス工房、裂織工房、陶芸工房、産直物産店、宿泊施設、パークゴルフ場、展望台などがあります。
のどかな牧場風景~時間がゆったり流れています。

Image2_2


一つずつ手作りでいくつもの工程を重ねて時間を掛けて丁寧に作られていました。up

Image3_2


目の前で作られる工程を見せていただきました。

Image6_2


こうして作られた食器は子ども用の給食食器となるとこんな感じです。lovely
手触りがしっとりしてとれも軽く、温かな感触です。

Image5_2


工房を見学した後、実際に自分たちで食器つくりに挑戦しました。flair
木べらや箸と箸置き、カレースプーンなどを熱心に作りました。up

Image1_2_2


今回の岩手の視察はとても有意義でした。
作り手の思いに触れて、私たちも子どもたちに物を大切に扱う気持ちと本物の温かさを伝えていきたいと思いました。lovely

そして・・・開園準備はつづく・・・。apple




2017年9月20日 (水)

整備工事再開☆彡


雨続きだった8月、ザ 夏!yachtという感じではなかったからでしょうか、あっという間に過ぎ去った夏でした。
最近では秋の風mapleを感じるようになりましたね。 保育園では運動会の季節run走ったり、踊ったりとにぎやかに準備に励んでいるところです。

さて、1年間の工事延期を乗り越えてようやく9月1日工事再開となりました。upnote
ここにたどり着くまでいろいろなことがありましたが、多くの方のご支援で再開することができました。goodlovely本当にありがとうございます。
しかし、工事は始まったばかり・・・平成30年4月の開園目指してsign01乗り越える山fujiはまだたくさんあります。これからが正念場ですね。clover

9/15時点での現場の様子です。
汚染土壌は撤去され、工事現場らしくなってきました。

Image1_3

Image2


これから基礎ができ、鉄骨が組まれていきます。
近隣の皆様には騒音、振動、搬入車両等でご迷惑をお掛けしております。
安全第一で施工してまいりますのでご理解くださいます様お願い申し上げます。confident

そして開園準備はつづく・・・。

2017年8月18日 (金)

山形の保育園の園庭研究会に参加しました!

8月に入り夏本番!waveとおもいきや雨続きrainでなんともパッとしない夏ですね。yacht
保育園でも思い切り水遊びができたのは7月末までで~子どもたちはプールcdが恋しいようです。
気温が低いからか体調を崩す子どもや大人も多いようです。down皆様もどうぞお気を付けください。

さて、7月27日~28日は新園スタッフの有志で山形県三瀬保育園で行われた園庭研究会に参加してきましたので報告いたします。
この研究会は全国で園庭環境や保育園内の環境を豊かにするために、各園の実践から学ぶという内容で全国で実施しています。今回は山形cherryです。
三瀬は日本海waveの海岸沿いに位置していて、とてものどかpiscesですてきな場所にありました。

Image1_5

早速、三瀬保育園の園庭環境を見学体験。
平日で子どもたちものびのびと体を使って主体的にeye遊んでいました。happy01実は三瀬保育園では園庭の遊び環境を職員と保護者で手作りしているのです。up

Image2


かなり高い櫓もあって、最上階まで到達するにはロープ1本で登れなけらばならず大人でも攻略できる人は少ない難易度です。
三瀬の子どもたちは、乳児から土に触れbud裸足で遊び、斜面や低い橋渡りなど沢山体を使って遊んでいました。毎日の遊びの積み重ねは子どもの体のバランスを整え、好奇心を育て、意欲や創意工夫を生み出しているようです。
現代は危ないから・・・と危険dangerから遠ざけて何もさせない方向に行きがちですが、子どもの環境のリスクとハザードについて学ばせてもらいました。

Image3


子どもにとって本当に豊かな環境goodとは・・・?
こうして自分で決めて自分に問いながら挑戦したり、失敗しながら遊べる環境なのでしょう。

Image4


参加した職員も櫓攻略に挑戦!up

Image5


今回の研修には全国から170名を超える保育園関係者が集いました。
平日にもかかわらずこれだけの人を快く受け入れて下さった三瀬保育園の先生方に感謝でした。
三瀬と同じことをそのまま新たな保育園で行えるわけもなく・・・それぞれの保育園の置かれた環境の中で創意工夫を繰り返しながらが大事なのです。up
私たち職員もできれば保護者の皆さんと地域の皆さんと一緒に子どもたちの環境を作っていきたいと思いました。yacht

そして・・・新園準備は続く( ^ω^)・・・










2017年7月 8日 (土)

子どもの遊び場を考えるワークショップ最終回!

梅雨とはいえ毎日暑い日sunが続いています。皆さんお変わりはないですか。

 

九州の豪雨被害心配ですね。報道でみるたびそこにも保育園があるだろうに、どうしているのだろうと心を痛めています。down

今年も猛暑と言われていますが、天候被害が出ないことを心から願います。

さて、前回のご報告から1ヶ月、6/30に新園スタッフワークショップcherryを行いました。今回は「子どもの遊び場を考えるワークショップ最終回!」です。

前回は、写真からこどもの心の音note つぶやき(コロネ)を考え、それを模造紙に書き入れながら子どもの遊び場のイメージを広げました。heart04

それを受けて今回・・・さらに柔軟にイメージを立体化するワークショップとなりました。

01_3

 

こんなに多様な素材を用意!何を使ってどんな遊び場模型を作ろうか?flair

みんな頭の回転がグルグル・・・。typhoon

04

土台になる模型はファシリテーターの設計士チームnotesが手作りしてくださいました。

実は・・・これ!新園の設計とリンクしていたのです。up私たち途中まで気づきませんでした。wobbly

06

 

新園スタッフ2つのチームに分かれていよいよ作業開始!eye

コロネを基に「こんなつぶやきが聞こえる遊び場はどんなことができるあそび場だろう?」と真剣に考えていました。sign02

けっこう斬新なアイディアがドンドン出てきて・・・面白かったです。up

07

最後はやは恒例のプレゼンタイム。sign03前回は寸劇でしたが・・・今回はペープサートsign05で実際に遊んでいる様子を表現しました。やはり保育園スタッフ!即興で盛り上がっていました。happy01

こうしてワークショップ最終回は楽しいうちに終了となりましたが、7月は山形県内cherryで素敵な取り組みをしている保育園さんに研修に出かける予定です。

 

またご報告したいと思います。

こうして新しい保育園を作る日々はつづく・・・。good

 

2017年5月29日 (月)

あそび場を考えるワークショップ

5月もあと少しとなりました。club
初夏を実感するような気温の高い日が多いですね。sun日焼けに注意!です。

さて、5月26日(金)に今年度2回目のワークショップを行いました。up
今回は「こどもの心の音note」=「コロネ」をみんなでさがそう!をテーマにしたワークショップとなりました。
様々な体験や遊びをとおして子どもたちはどんな気持ち(コロネ)を感じているのだろう?
沢山のコロネを集めて、コロネが生まれるような子どもの遊びを柔軟な発想で考えてみるという内容です。heart03

Image3_3

子どもの姿を撮った100枚の写真をテーブルに写真が見えないように伏せて並べ、一人ずつめくっていきます。どんな写真が当たるかはお楽しみhappy01 写真を見たら直感的に写真に写る子どもの気持ち(コロネ)を発表していきます。lovely
「ドキドキ」や「きゃっ」「ぐるんぐるん」など・・・様々なコロネをその写真に付箋で貼って行きます。shine

Image2


このコロネを基に、模造紙に貼りながらみんなで子どもの遊び場をイメージしていきます。
ことばだけでなく遊び場の絵も描き入れて・・・bud
楽しい遊び場イメージが出来上がりました。

Image5


そのあとは、寸劇でプレゼン!note
はずかし~いと言いながらも、そこは保育園スタッフ、爆笑コントのような寸劇を披露したのでした。good
こうして子どもの心の音を探すワークショップはおわりましたが、心の音はそのまま子どもの声でもあります。私たちは子どもの心に近くいられるスタッフとして、保育園つくりに励みます。























2017年5月13日 (土)

ご無沙汰してしまいました

保育園houseは新年度を迎え、なにかと忙しい日々。
蘆花新園のブログを更新しなくちゃと思いながらご無沙汰してしまいました。down

蘆花公園の整備地は今後、東京都による土壌汚染対策工事が行われるとのこと、何事もなく工事が終了して私たちの保育園の建築工事が進むことを願うばかりです。confident

さて、私たち新園スタッフにも新年度を迎え、新たなメンバーdiamondが仲間入りしました。
今年度採用された保育士2名と栄養士が3名の合計5名です。note
ゼロから新しい保育園を作っていくことに意欲とやりがいを感じてチームに加わってくれたやる気満々なスタッフたちです。upありがたいですね。

4/28には、今年度初めての新園スタッフワークショップを開催しました。heart01
昨年度からのメンバーに新たなメンバーも入って、これまで話し合ってきた保育の思いや
視察報告などを共有する場となりました。
01


03


蘆花公園での保育を考える中で編み出した「保育のマインドマップ」heart04
保育って子どもを育てることだけれど、そこにはさまざまな物・こと・人・環境がかかわっていくわけです。そう考えると保育は360℃の円であって、さらに平面ではなくて立体であると気づきました。diamond
話し合いを重ねる中で、環境(子どもを取り巻く環境)と経験(子どもの経験)と姿(子どもの育ちの姿)の3つにカテゴリー化してそのすべてがつながっていく様子を「マインドマップ」としてあらわしています。
これを実際の保育に活かしていきたいですね。sun

02


次回のワークショップは5/26です。
またブログで報告いたします。happy01

2017年1月18日 (水)

ワークショップはじめました!

大変遅くなりましたが、改めましてあけましておめでとうございます。fuji
本年こそは、蘆花恒春園内の保育園整備が順調に進みますように!と願っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、新しい年に突入し、少しずつ保育園整備もすすみつつあります。run
一年遅れの整備となりそうですが、仕切り直して「子どもたちを真ん中にした、素敵な保育notes環境を!」を作るために今月から設計士さんたちと一緒にワークショップを始めました。up

Burogu_02


どんな保育園にしたいか?子どもたちと何がしたいか?保育環境は?など沢山意見を出し合いました。

Burogu01


これまで数カ月間、保育を深める話し合いをしてきたので・・・みんなの思いは同じ方向なんだね!noteと確認できてうれしかったです。

Burogu03


保育園の模型を眺めつつ「ここではどんなことができる?」と話も弾んでいました。sign05

次回のワークショップは2月。こんな感じでチームワークを高めていきたいです!lovely

2016年12月 9日 (金)

冬の蘆花恒春園・・・。

12/6 冬の蘆花恒春園の様子はどんなかな?と訪れてみました。xmas
木々の色づきも鮮やか、11月よりさらに鮮明できれいです。やはり東京は
12月が紅葉のピークなんですね。maple
03


イチョウの木も鮮やかで一面黄色いイチョウの葉のジュータン。sign01
銀杏の実も沢山落ちていました。くさいけれどおいしいんですよね。eye

04


そして、こんなの見つけました。upgood
これなんでしょう?sign02

アオギリの葉と種です。今沢山落ちています。
ここからまた新しい芽が出るのでしょう。

01


あと・・・こんなのも・・・。maple
これ、モミジの種だそう。羽みたいになっていてくるくると
回りながら落ちていきます。
キラキラしてとてもきれいでした。shine

02


蘆花恒春園の自然はとても興味深い~。lovely
保育園ができたら毎日こんな自然の中で遊べるんですよ~。up
嬉しいですね!hearthappy01

トンボ池の前には雪ダルマがいました。
ログハウスは夕方からイルミネーションxmasshineが点灯するそうです。
皆さんも遊びに行ってみてはいかがですか?

05


2016年11月18日 (金)

秋深まる蘆花恒春園・・・(^^♪

11月も半ばを過ぎ、東京も紅葉し始めましたね。maple
蘆花恒春園もきっと木々が色づいているはず・・・。

11183_2

例の土壌汚染問題で整備工事がストップしていることを改めて近隣の方々へご挨拶に
伺うついでに公園の中を散策してきました。
汚染地域の入り口はこんな風に立ち入り禁止の張り紙が・・・danger

11181

背の高い公園の木々はきれいな黄色に色づいていました。お天気がよかったsunので
とてもすがすがしく~きれいでした。
落葉の上を歩くとふわふわで、サクサクいい音がします。maple
落葉シャワーsign05とかしたら楽しそうsign01happy01

11182

アスレチック広場の様子です。heart04
お散歩に多くの子どもたちが来ていました。good
蘆花公園の紅葉はこれからまだきれいになっていきそうです。lovely

«蘆花恒春園一部閉鎖・・・。(/_;)